オキシテープエコ(rSO2成人用) 開発の経緯

 昨今、麻酔科をはじめ、ER、ICUや循環器関連分野では必須となりつつある混合血酸素飽和度モニター。しかしながら、センサーはディスポーザブルであるため、環境への負荷も大きいのではないかと考えました。そこで弊社はSpO2用に続いて、環境に配慮した製品開発に着手しました。本品をご使用いただくことによりセンサーが長持ちすれば、環境への負担も抑えられることが期待できますし、粘着力による固定が可能となりますので、いつも安定したモニタリングが期待できるようになります。また使用状況によっては、センサー購入のコストも抑えられるかもしれません。以上を達成するために各分野の先生方、看護スタッフ、コメディカルの方々のご協力、ご指導をいただき、オキシテープエコrSO2成人用の開発をいたしました。
 安全性に関しましても純正使用と差異が見られないと判断(第三者機関数施設にご参加いただいた試用試験による)され、販売に至っております。(モニターメーカー保証ではありません)

オキシテープエコ(SpO2成人用) 開発の経緯

 医療の現場で欠かせないパラメータの一つであるSpO2。連続モニタリング時には欠かせない粘着式センサーも数が増えれば増えるほど、購入コストも上がってきます。そこで、これまでの経験から、医療用テープ材を加工することにより、SpO2センサーを長持ちさせることができる商品を発案しました。いくつもの施設の先生方や臨床工学技士の方、事務ご担当者などからご賛同をいただき、ボランティアの方など多くのご協力による試験を行いました。その結果、発光部の温度上昇は見られず、測定精度に関しましても、純正使用対象群との差異も認められず、安全性が確認できたと判断いたしましたので、商品化に至っています。(メーカー保証ではありません) 現在、そのほかの品目に関しましても製品化を目指しております。

クリアフロア 開発の経緯

 現場で働く看護師さんのご要望を形にしました。
 床を這う医療機器のAC電源ケーブルによる患者さん(特に整形外科や高齢者)の転倒を避けるため、ケーブルをまとめようとしていたのですがなかなかうまくいかなかったようです。弊社の理念の一つである、現場の方のお役に立つことを実践するため、早速情報を収集し、サンプルを作成。その結果、ケーブルをベッドフレーム下に吊り下げることが最もそのお声に応えられるであろうと結論づけました。クランプは両面テープやマジックテープではなく、マグネット式にすることで、簡単な取り外しを可能にしました。
 ご紹介を繰り返すうちに、デスク周りのOA用のケーブルクランプにしたい、酸素配管チューブにも使えるのではないか?などあちこちで応用が利きそうとお声もいただいております。


Copyright (c) マインヘルスケア株式会社 all rights reserved.